2012年11月23日

あごだしの優しい「おでん」

東京も最近になって随分冷え込んできました。
「おでん」とか「寄せ鍋」とか湯気の立ち込めるものが美味しい季節の到来です。
島本食品で明太子を購入した際、お試しでいただいた「だしの優しさ」というダシパック。

20121122-2.jpg

九州では煮干しではなく「あご」という飛魚をダシに使います。「だしの優しさ」は、この焼きあごに加え北海道産昆布+焼津鰹節+土佐清水産宗田節がブレンドされて、水の中にパックを入れ煮出すだけで、上品な旨味の出汁がとれるようになっています。

東京がぐっと冷え込んだ11月下旬、このパックと山形県の酒田で購入した塩昆布「北前こんぶ茶」を使い、優しさたっぷりの「おでん」を作りました。

20121122-1.jpg
写真の蟹っぽいのはカニカマです。これがスープに旨味をプラス。


作り方
(1)大根、椎茸、「だしの優しさ」:1パック、北前こんぶ茶:数枚、出汁用に少しカニかまぼこを圧力鍋に並べ入れ、水を入れて蓋をして火にかける。鍋に圧力が加わってから5分ほど煮て自然放置。
(2)おでん用の鍋に(1)の具材とスープを移し、塩で味を整え、好みの具材を入れて煮込む。

20121122-3.jpg
2センチ角くらいの厚めの塩昆布。煮込むと倍くらいの大きさになります。
ラベル:おでん 九州 だし
posted by 明太子 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州グルメ体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック