2012年03月19日

魚卵ではないけれども、「おじゃこ」は美味しかった

京都国際インディーズ映画祭の皆さんからお誘いを受けて、京都で上映会を行いました。
その帰りに「井澤清兵衛のおじゃこ」をおみやげに頂き、早速ごはんのお供にしてみると、これが美味しい。
TMCはスケトウダラの魚卵を研究しているわけですが、「おじゃこ」はイワシの稚魚ですね。「おじやこ」は魚卵から発生したばかりの命をいただくというありがたいものです。魚卵研究の発展上に位置づけられるべき課題かもしれません。
ちりめんーじゃこ(ざこ)というのは辞書で調べると「縮緬雑魚」です。縮緬は、表面に細かい絞りのある絹織物の「縮緬」と同じ字です。和紙の縮緬加工もそうですね。漢字で書くとなんだか伝統をいただいているような、深く落ち着いた気持ちになります。

20120319-1.jpg


20120319-2.jpg
↑写真は「黒」。かすかに黒の点々が確認できる。

おみやげに頂いたのは「KURO 黒」と「SHIRO 白」という風味の違う二種類と「清兵衛のぶぶあられ」のセットです。パッケージを開けると食欲をそそる香りが、フッ、と上がってきて美味しそうです。「黒」は黒七味と一緒に炊き上げられているそうで、薄味なのですが、時々、キリッとした香りがします。程良く混ざっている山椒の実を噛むと、不意に心地良い刺激をもたらしてくれます。「白」は湯葉を使って炊き上げられていて、とても柔らかく優しい味がします。
「ぶぶあられ」は直径2ミリほどの小さな丸い粒状のあられです。白いご飯に「おじゃこ」をのせて、「ぶぶあられ」を加えて、お茶漬けのようにすれば、まるで、魚卵からかえった稚魚が、ごはんの海を泳いでいるような景色ではありませんか。ちょっと大げさですが、楽しい妄想です。
ごはんの世界が広がっていく、和食ならではの楽しみですね。
ありがとうございました。美味しくいただきました。
posted by 明太子 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 比較研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/258650736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック