2011年03月06日

行って来ました、めんたいパーク、大洗

東京明太子倶楽部 代表 佐藤博昭 殿
東京明太子倶楽部 理事 鷺宮支部長 太田曜 です、

本日、茨城県鉾田市で友人ダンサーの公演に行ったので、かねてより気になっていためんたいパークにロケハンに行って来ました。

めんたいパークは去年の東京明太子倶楽部首都圏拡大理事会の席で私が是非一度倶楽部でも行くべきではないかと提案したかねふくの工場兼直売所兼アミューズメント施設です。
参照HP→http://mentai-park.com/index.html

注目は明太子の製造過程を見学出来るところですが、行ったのが遅すぎて工場内では後片付けと掃除をしているところしか見学出来ませんでした。ちなみに、5時30分までは生産活動をしているようです。

めんたいパークは工場、付属している見学ギャラリー(展示物もあります)直売所の三要素で構成されています。
観光バスが何台も来ていたりして、単なる工場に付属した直売所ではないとの意気込みが感じられます。
直売所の店員も、聞かれ無ければ商品を勧めるようなことも無く“黙っていても売れる筈だ”と云うような自信が窺えました。
また、直売所の中に設置されている飲み物の自動販売機はどれも無料で、好きなものを勝手に飲んでくれという太っ腹な姿勢には思わず感激してしまいました。
勿論、明太子の試食コーナーもあって、その気になればタダで飲んでタダで食べて帰ることも出来る施設です。

直売所で売っているものでは明太ウィンナーというどちらかと言えばそれはウィンナーじゃなくてフランクフルトだろうと思うソーセージがあり、今まで理事会やホームページ等でも問題にされていないので買ってみました。

また明太子ではないのですが、めんたいパークのマスコット『タラピヨ』の携帯ストラップと『タラピヨ・タラコン博士』シールというのがあったのでこちらも買ってみました。これらにつきましては写真データを添付します。また今度会った時にお見せします。資料も沢山貰って来たのでこちらは差し上げます。
20110306tarapiyo.jpg

20110306tarapiyo2.jpg


わたくしの意見では、やはり東京明太子倶楽部としては一度は押さえておく必要があるだろうと思われるめんたいパーク、大洗でした。ちなみに、めんたいパークの隣は大洗リゾートアウトレット、大洗フェリーターミナル、大洗・海・山直売センター、等々あるので充分楽しめるのではないかと思われます。

東京からは車で約3時間、もう少し足を伸ばせば、那珂湊お魚センターもあります。

学校関係者が少なくない倶楽部会員の有志で春休みに一度めんたいパーク見学をやってはどうでしょうかと、改めてご提案いたします。ちなみに、平日に行けば道は空いていると思われますが、高速代は高く付きます。ここは考えどころでしょうか?!

以上ご報告いたします。

追記
ウィンナーと書いたものの正式名称は明太子入りあらびきソーセージでした。こちらは今朝早速茹でてパンと共に食べてみました。
ソーセージは少し甘みがあります。そこに明太子のつぶつぶが入っていて、辛さはそれ程ではありません。一応 MAILLE の粒入りマスタードを付けたのも試してみましたが、これはマスタードの味が強くなってしまって、かえって良くないかも知れません。
マスタードMAILLE参照HP→http://maille.jp/

私は、これをフランスパンと一緒に食べたのですが、ご飯に合うかどうかはまだ試していません。また、茹でるのではなくて焼いたらどうかと言うのもやってみる価値はあるかも知れません。
ただ、まあ、結論としては、明太子入りあらびきソーセージはわざわざ買う程のものではないと言うことになるかと思われます。
念のために『明太子入りあらびきソーセージ』のパッケージと茹でて食べる直前の写真をお送りします。
20110306-3.jpg


posted by 明太子 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189221603
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック