2011年02月27日

明太子倶楽部お薦めの店「博多 舁き山」

「舁き山」(かきやま)は楽しい店だった。

東京明太子倶楽部にコメントを残してくれた、博多「舁き山」新宿店が気になっていた。
HPを観ると明太子料理と食べ比べのためのストレート明太子を取りそろえているようだった。「これは、行ってみるべし」と、代表と総務二課長で訪れてみた。

行ってみて気がつくのだが、西新宿のこの界隈は「博多〜」のお店が多いようだ。もつ鍋とか、九州料理といった看板が幾つか目についた。
通りから小さな階段を降りていくと「舁き山」があった。
カウンターが9席、テーブルが25、6席と座敷が5人席くらいだったろうか? 広すぎず落ち着いた感じの店内だった。どうやら予約が沢山入っているようで、5時半くらいに店にはいるとカウンターに通された。早く来て良かった。カウンターには女性の二人組と、座敷にはバンドの練習を終えたらしい一団がいた。

メニューを見ると、様々な料理のメニューとは別に、ストレート明太子のメニューが用意してある。食べ比べの三種盛りや五種盛り、福太郎四兄弟といった具合で、食べたことのない種類があった。やまや、ふくや、稚可栄、「あごおとし」など馴染みのラインナップもあった。我々の目を引いたのは「福太郎のワイン明太黒」だった。以前、福岡の空港で見つけたものの見送っていた、あのワイン漬けだった。はやる気持ちを抑えながら、まずは幾つかの料理を注文してみた。

酢モツは博多でもよく食べていたのだが、店によって味付けが異なっていて面白い。「舁き山」の酢モツは比較的細めに刻んであって食べやすい。また、添えてあった柚胡椒がとてもパンチのある辛みで良かった。どこの柚胡椒だろうか?
20110227-1.jpg
↑柚胡椒のアクセントが効いている上品で美味しい酢モツ


続いて鶏刺しの三種盛りを注文してみた。この店の鶏は天草大王という地鶏だ。三種盛りにはむね刺し、ズリ刺し、もものたたきが楽しめる。見た目がとても美しく、特にズリが美しかった。薬味の山葵、にんにく、練り梅がどれでもよく合う。香ばしいもも肉も良かった。
20110227-2.jpg
↑総務二課長を虜にした絶品鶏刺。九州のたまり醤油との相性も良い。


次に「みょうがと明太の紫蘇包み天ぷら」を試してみた。みょうがは独得の味の癖があるので難しいのではと思ったがとても相性がよかった。サッと油に通すくらいでさくっとしているので、明太子も揚がりすぎずほどよい。
20110227-3.jpg
↑繊細な包み方に意気込みが感じられる。


「明太子のポップコーンシュリンプ」も興味を惹いた。これは明太子が前面に出ているわけではないが、海老に挟んである辛みが時々しみ出してきて美味しい。辛口の明太子が時々主張してくるさまが愛おしかった。
20110227-4.jpg
↑エビの背一匹ずつに明太子を仕込むという手の込んだ料理

他にも幾つか明太子創作料理があって、どれも楽しそうだったので、次の機会には挑戦してみよう。

いよいよ「福太郎四兄弟」だ。
20110227-5.jpg
↑福太郎四兄弟。左からワイン漬け黒こしょう、柚子、昆布、オリジナル

福太郎はこれまでにもオリジナルや辛口は試していたが、柚とワインは初めてだった。福太郎の明太子はとても味が濃くてしっかりしているのが印象的だ。御飯とはとてもよく合う。「舁き山」では白御飯も注文できるので、白米合わせが楽しかった。
福岡にいた時は、まだ、今ほどの種類はなかったので、ふくやか福太郎を好んで食べていた。母親が「福太郎はふくやから暖簾分けしたらしい」といっていたが、調べてみると全くのガセネタだった。ふくやの創業者のヒストリーはとても面白いので、参照されたい。福太郎は食用油の製造から明太子業界に進出した山口油屋が前身らしい。最近はどの会社のHPも充実していて、とても面白いし、ためになる。
「ワイン漬け」は、予想に反して優しい味だった。辛みもそれ程ではない。焼酎漬けや吟醸漬けといったものは、どうしても特徴を出すべく、浸けダレの味が前面に出てくるのだが、これは「言われてみればワインかな」といった程度である。しかし、表面にまぶされた黒胡椒が実はかなり味を引っ張っている。これは面白いと思った。試みにこの店の白ワインを注文して、合わせてみた。とてもスムースな取り合わせになっていた。ワインの名前を聞いてみたが部分的な情報しか憶えていない。辛口でやや軽い感じのワインだった。御飯と合わせるよりは、何か別の素材と合わせてみたくなる明太子だった。

いずれにしても「舁き山」は楽しい店だった。明太子好きは大満足だろう。焼酎も充実している。もつ鍋や鶏の水炊きなど、まだまだ試してみたい料理があったので、次回のお楽しみにとっておこう。
ありがとう「舁き山」。
舁き山のHP↓
http://www.hakata-kakiyama.com/
posted by 明太子 at 17:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 明太子研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
先日ご来店頂いたと聞いて訪問したら、記事まで書いて下さってたので、感動しております。
かなりバタバタしてサービスが行き届いていなかったのではないかと・・・
もし、足りない部分がございましたら遠慮なくおっしゃってください^^。

宜しければ次回はスモーク明太子もございますので、是非ご賞味ください。

本当にありがとうございました。
Posted by 山崎 帝征 at 2011年02月27日 23:17
何度もすみません。

支障がなければ、私のブログで本記事を紹介してもよろしいでしょうか?
Posted by 山崎 帝征 at 2011年02月27日 23:19
鳥刺、九州のお醤油で食べると抜群に美味しかったです。
お店の雰囲気も良く、膝掛けを配ってくれたりと、細かい気配りが嬉しかったです。
Posted by 総務二課 やなぎだ at 2011年02月28日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188055711
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック