2010年11月30日

松葉ガニの卵

TMC代表佐藤と川崎支部長は、「ゲゲゲの女房」で一躍注目スポットとなった鳥取県のグルメ事情を視察に行った。
鳥取空港の売店には、水木しげる関連商品が盛り沢山。ブームの大きさを実感することができた。

しかし、TMCが今回注目したのは「蟹」だ!
厳しい冬をむかえた日本海。しかしその厳しい自然の恵みの一つが「松葉ガニ」。12月になるとお歳暮シーズンで値が上がるため、11月下旬に味わうのがベストらしい。まさにグッドタイミングであった。
地元では、「松葉ガニ」は雄のことを指し、雌は「親ガニ」と呼ぶのだそうだ。つまり一般に知られる「松葉ガニ」は雄のみで、当然卵を持つことは無い。それに対し、メスの「親ガニ」は、親子と思えるくらい小ぶりだが、その分安く買え、しかもこの時期は卵がたっぷり入っている。

現地視察隊は、鳥取の料亭風居酒屋で、蟹、河豚等の美味しい食べ方を披露してもらった。

佐藤は、東京で視察報告をするため、鳥取駅近くにある市場で「松葉ガニ」「親ガニ」を購入。帰宅後、鳥取の板さんがやっていた手順で調理を試みた。
(手順1)蟹を水にくぐらせ軽く汚れを落とし、蒸す。(圧力鍋で5分くらい)

20101130-kani3.jpg
↑蒸す前の松葉ガニ


20101130-kani4.jpg
↑蒸した松葉ガニ



(手順2)「松葉ガニ」は切り分け、根菜や小松菜と一緒にして味噌鍋にしていただく。
(手順3)「親ガニ」は甲羅、脚、胴体に分け、胴体中心部の蟹味噌や、腹部分にある外子(卵)を取り分ける。
(手順4)脚の部分や胴体部分にある蟹肉は、綿棒でプレスしながら転がして押し出す。

20101130-kani1.jpg
↑調理した「親ガニ」


20101130-kani2.jpg
↑見事な卵と蟹味噌のハーモニー



今回の調査での発見は、「松葉ガニ」という華やかな存在の陰で、ささやかに生きていたメスの存在である。実に素晴らしい卵を有しており、蟹味噌と一緒にいただくと、イクラと雲丹を一緒に食べた喜びに似た感動が生まれ。
蟹だけで満腹になるなんて、なんという幸せ!

お取り寄せリンク↓
【山陰境港産】最高級松葉ガニ(松葉がに/松葉蟹)1kg以上《超特大サイズ》×2枚【お歳暮ギフト...
【山陰境港産】最高級松葉ガニ(松葉がに/松葉蟹)1kg以上《超特大サイズ》×2枚【お歳暮ギフトにも最適】≪送料無料≫【smtb-t】
posted by 明太子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 比較研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171372366
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック