2009年12月07日

ハタハタの甘味噌焼き

東京では味わうことはできないと思っていたハタハタの卵。近所で卵入りのメスのハタハタが売られていて感激!さっそくゲットしました。
ハタハタは総務二課・柳田の幼い頃の好物です。鮭と同様、寒くなってきたころに食卓に並んだ記憶があります。
ハタハタは秋田県〜山形県沖で捕れる名物ですが、一時期、漁獲量規制するほど希少な魚となり、地元でも食べることが難しくなったことがあります。近年は、漁獲高が増し、以前のように手に入るようです。
地元では、大根やネギなどが入った塩ベースの汁にしたり、塩や醤油、味噌で香ばしく焼いたりして食べます。魚の身自体は淡白でさっぱりしていますが、卵はコリコリプリプリしていて、とても食感があります。

20091207hata1.jpg

20091207hata2.jpg

20091207hata3.jpg

20091207hata4.jpg


今回、久々のハタハタを目にし、TMCではどのように調理しようか悩みましたが、柳田の最も好きな、甘辛味噌付け焼きにしました。
本当は囲炉裏とか砂の上に刺して炭火で焼けたら良いのですが、狭い都会のキッチンではかないません…。オーブンレンジの両面グリルで焼きました。
ハタハタは焼くとお腹の部分が割れて、中の卵がはみ出てきます。網焼きだと卵がこぼれ落ちてしまうので、鉄板やホイル等を下に敷いておくと良いでしょう。
甘辛い味噌を卵に絡めながら食べると美味しいです。
posted by 明太子 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 比較研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134958799
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック