2009年10月18日

TMC博多視察団

東京明太子倶楽部がついに明太子の本場・博多を視察
去る10月某日、東京明太子倶楽部の代表、川崎支部長、総務二課長、城北担当理事の4名がついに福岡を訪ねました。

20091018a.jpg


↑写真は福岡空港で最後の視察を試みる代表と川崎支部長。幾つかの商品を積極的に試食し、手土産をゲットしました。

今回の視察は以前報告したマレーシアとの交流事業の一環でした。マレーシアのビデオ作家4名が福岡を訪れ、「イカの活き造り」や「もつ鍋」など福岡の美味しい者を体験するといった企画でした。
ご存じのように、マレーシアの方の多くは宗教上の理由で豚肉を食べません。イスラム教以外の人は大丈夫でした。しかし、ベジタリアンもいるという複雑なメンバーで、ホストのTMCは頭を悩ませました。
結果として、魚類はOKという結論に達し、毎夜、サカナ系のお店での試食となったのでした。
この事業の合間を縫っての明太子視察で、十分な時間はとれませんでしたが、福岡初訪問の川崎支部長と城北開発担当理事は、かなり興奮気味に豊富な魚貝類を食していました。

20091018b.jpg


もう一枚の写真↑は、「ざうお」で釣り上げた鯛を交換するマレーシア作家と川崎支部長です。

来週には早速報告会を実施し、明太子の試食を行います。
ご期待下さい。
posted by 明太子 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。