2009年01月18日

博多てら岡の「いかジュポン」

イカは出会いを待っている。
イカは刺身でも旨い。酒飲みは何故かイカが好きだ。酒飲みがイカを好むのは、その味わいの幅ではないかとおもっている。
乾物などの加工品もイカ由来のもは多数ある。
イカは独特の香りを香りを持っているが、これはむしろ加工品の方に顕著に現れる。酒飲みはこのニオイに惹かれると言っても過言ではない。これからなにかが起こりそうな、不穏な香りである。あのイカ臭さは、これから起こるかもしれない深い夜の営みへと誘う。

ところで、イカの産地は日本全土にある。
この正月にも呼子のイカを食したが、名産地も点在している。そして全国で捕れるためでもあるがイカ製品は本当に沢山ある。世界各地でもイカは捕られているのだ。この食材としての広がりはイカの応用力に依ると思う。

今回は、数ある加工品がある中で、生のイカの淡泊さを生かした一品を紹介したい。
単体のイカはご存じの通り淡泊だ。醤油とわさび、あるいは柚胡椒など強い味と風味のものとあう。
「いかジュポン」は池袋の西武百貨店で偶然発見した。
西武池袋線に乗って帰路につこうとしていたら、TMCの総務二課から携帯にメイルが入った。西武デパートで「全国の旨いもの市の類が開催されている」という連絡だった。池袋のひとつ手前の駅を通過していた私は、「何か探してみます」と返信した。
買い物客で混み合う7階催事場は、子供服売り場のあたりから、ただならぬニオイを漂わせていた。催事場の入り口は諸国名産弁当の売り場であった。その奥の通路では「スイーツ」とやらが並べてある。「この程度か」とやや気落ちした私は、それでも前進し最奥部にある一角にあった明太子に目を留めた。
あまり聞いたことがないメーカーだった。白衣のおやじは博多の料理屋で作っているという。「てら岡」は天神の渡辺通りに日本料理のお店があるという。
おやじから試食を薦められた明太子は、驚くほどのものではないが、上品で粒の立ったものだった。これはなかなかだと思いながら、その横にあるイカに目がいった。「いかジュポン」だった。ジュポンがなんだかは聞かなかったが、柚とわさびとの二種類の瓶詰めがあった。わさび味はそれほどの驚きはなかったが、柚が新鮮だった。
イカのような淡泊な味は、一般的には濃い味と良く合う。柚とイカはこれまでにも幾つもの出会いがあったに違いはないのだが、この瓶詰めの出会いは嫌みがない。
「淡泊なものはそれでいいではないか」と主張しているようだ。柚は「そばにかけたり、雑煮の風味付けではないのだぞ」といっているようで頼もしい。イカそのものも柔らかくて食べやすい。この際、タイ産であることには目をつぶろう。イカは世界の食材なのだ。
TMCでは、この淡泊さを生かすために、大根の千切りに添えて食してみた。これがまたイイ! 淡泊の三乗である。イカは新たな出会いを待っているのだなと思った。ホタルイカの沖漬けなど濃い味が好きな酒飲みにも是非薦めたい。 



ラベル:イカ グルメ 九州
posted by 明太子 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | TMCはみだし日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック