2008年10月11日

自家製 イクラの明太子風

明太子と人気を二分する魚卵と言えば「イクラ」です。親は鮭…。
総務二課担当者は、鮭のメッカでもある山形県庄内地方の出身で、かなりのイクラ通です。その経験から言わせていただくと、産卵直前の川を上ってきた鮭から取ったイクラが最高に美味しい!のですが、残念なことに東京でそのようなイクラに出会うことは稀です。

東京で、できるだけ美味しくイクラをいただくには、筋子状(腹から出したばかりの袋に卵が入った状態)のものを使うのがオススメです。
卵を一粒ずつ筋から取り外すのが面倒ですが、こちらの方がリーズナブルで、しかも粒がしっかりしています。バラバラにしたイクラは、醤油1:酒1のタレに漬けます。鮮度の良いイクラだとタレを吸い込みプリプリになります。

TMCでは、タラコの代わりにイクラを明太子風のタレに漬けてみたらどうなるのだろうという疑問が生じ、さっそく実験をしてみました。
上記の醤油漬けのタレに一味唐辛子と濃縮出汁を加え、一晩イクラを漬けてみました。
辛みが見事にイクラに浸透し、美味しい「イクラの明太子風」の完成ですハートたち(複数ハート)

鮭の味噌漬け焼きとともに、味わってみました。

20081011ikuramentai.jpg
20081011sakeikura.jpg



タグ:イクラ 料理
posted by 明太子 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 比較研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107925597
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック