2008年09月18日

TMC代表が綴る待望の一冊

東京明太子倶楽部の代表、佐藤博昭は、明太子研究の一方で、映像芸術についても研究しておりました!
明太子の研究書より一足先に「戦うビデオカメラ アクティビズムから映像教育まで」という映像の本を出版します。TMCの活動に負けないくらい、広い視野と独自の視点で本格的に着手した渾身の一冊です。
200グラムの明太子と同じくらいの値段2400円で購入できます。
食欲と読書の秋がやってきます。
おいしい明太子をつまみながら、映像についての本を読むというのはいかがでしょう?
詳細はフィルムアート社のHPを参照ください。


タグ: 芸術 映像
posted by 明太子 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | TMCはみだし日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106761405
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック